おもな公園とガーデン

Crystal Springs Rhododendron Gardenクリスタル・スプリング・シャクナゲ庭園

森林や湿地帯、ハイキングトレイル、スケートボード・パークなどポートランドの市内には200以上の公園があります。

都市にありながら手付かずの自然が残る広大なフォレスト・パークから世界最小の公園ミルズ・エンドまで、ポートランドにはさまざまなタイプの公園があり、その数200以上。森林や湿地の中にもたくさんのトレイルが設置され、歩くだけでなく、ランニング、乗馬、自転車、スケートボードなどで楽しむことができます。

ダウンタウンとパール・ディストリクト

ディレクター・パーク

2009年に設立されたダウンタウンの最も新しい公園。元あった駐車場を地下に移動、市民のための広場に転換しました。パイオニア・コートハウス・スクエアから1ブロック、ディレクター・パークDirector Parkにはたくさんのベンチやチェア、噴水、カフェなどがあり、度々イベントも催されています。

ミルズ・エンド・パーク

直径61センチのミルズ・エンドMills Endは世界最小の公園。SW Naito ParkwayとTaylor St.の分離帯に位置しています。この公園を作ったのは新聞記者のディック・フェイガン。自分のオフィスから見える道路の醜い陥没穴をなんとかしようと、その穴に花を植え、ミルズ・エンズ・パークと名付けました。そして、人々が興味を持つよう公園に住む妖精キャラクターを仕立て上げ、新聞記事に書いたことからその名を知られるようになりました。

パイオニア・コートハウス・スクエア

「市民の居間」として親しまれているパイオニア・コートハウス・スクエアPioneer Courthouse Square。ダウンタウンの中心にあり、もとは暗く醜い駐車場ビルでした。まさに市民の手で広場として完成させた記念の場所でもあります。今では毎年950万人の観光客が訪れる州内最大の観光スポットとなっており、大規模なコンサートからフェスティバル等、毎年300件ものイベントが開かれています。6 – 7月の毎週月曜10:00am から2:00pmはポートランド・ファーマーズ・マーケットも開催。スクエア内にはトラベル・ポートランド・ビジター・インフォメーション・センターTravel Portland Visitor Information Centerや、TRIMETのバスやライトレイルの切符売場もあります。

続きを読む>>

ウォーターフロント・パーク

ウィラメット川沿いの高速道路を廃して公園に転換したトム・マッコール・ウォーターフロント・パークTom McCall Waterfront Park。ジョギングやインライン・スケートを楽しむ人々が行き交い、水のパターンが変わる噴水サーモン・ストリート・スプリングが設置されています。この公園の名は元オレゴン州知事トム・マッコールの名前からとられました。マッコール知事はリサイクルやエコ、都市計画などの面で断固たる環境擁護者でもありました。この長さ2.4キロに渡る緑のスペースではポートランド・ローズフェスティバルPortland Rose Festival、オレゴン・ブルワーズ・フェスティバルOregon Brewers Festival、ウォーターフロント・ブルース・フェスティバルWaterfront Blues Festival等、さまざまなイベントが催されます。公園北側には日系アメリカ人歴史プラザJapanese American Historical Plazaもあります。

パール・ディストリクト

ジェイミソン・スクエア

2002年に建設されたポートランド・ストリートカー駅近くの公園ジェイミソン・スクエアJamison Squareは、子供用の水遊びのできる噴水池が楽しい広場。夏はいつも家族連れて賑わっています。アーティストのケニー・シャーフによるモダンなトーテムポールが目印。

タナー・スプリングス

再開発地区であるパールに作られた湿地帯の公園タナー・スプリングス・パークTanner Springs Parkは、ポートランドのエコ意識の強さを示す一つの見本と言えるでしょう。

オールドタウン・チャイナタウン

ラン・スー中国庭園

メモ:ラン・スー中国庭園Lan Su Chinese Gardenは改装工事のため、2015年11/23~2016年1/31閉園です。

ラン・スー中国庭園Lan Su Chinese Gardenの池、橋、パビリオンのある美しい景観はまさに街のオアシス。一年を通してお楽しみいただけます。この庭園は明王朝様式庭園を忠実に再現したもので、ポートランドの姉妹都市蘇州から専門家を招いて建造されました。さまざまな催事もあり、園内には伝統的中国茶を味わえる茶屋 も設けています。庭園ツアーあり。

続きを読む>>

ウエスト・サイド

フォレスト・パーク

ダウンタウン北西に位置する全長13キロ、2,086ヘクタールにおよぶ都市の中の森フォレスト・パークForest Parkは、112種類以上の鳥類、62種類以上の動物の棲息地。都市生活に安らぎを与え、自然による街の空気清浄器の役目も果たしています。フォレスト・パークのForest Park’sの全長113kmにおよぶトレイルは、ランナー、乗馬、ハイカー、サイクリストいずれの利用も可能(犬はリードが義務付けられています)。なかでも48kmあるワイルドウッド・トレイルはオーデュボン協会生物保護区Audubon Society Sanctuary、ピトック邸Pittock Mansion、そしてワシントン・パークWashington Parkへと繋がっており、市周辺部もふくむ40マイル・ループ40-Mile Loopシステムの一部でもあります。

ホイト樹木園

全米の樹木園では最多の千種類近くの樹木や灌木が繁るワシントン・パーク内75ヘクタールの丘陵地に位置するホイト樹木園Hoyt Arboretum。全長19キロ余の21のトレイルがあり、その内3キロは車椅子・乳母車でもアクセス可能。利用案内センターにはトイレ、地図、パンフレット、ギフトショップあり。詳細はトレイルマップを参照ください。

インターナショナル・ローズ・テスト・ガーデン

全米で最古の公共バラ試験庭園、ワシントン・パーク内に位置するインターナショナル・ローズ・テスト・ガーデンInternational Rose Test Gardenでは約1万種のバラと、市街を見下ろす素晴らしい景色をお楽しみ頂けます。夏は日が落ちて涼しくなる頃がゆったりできてお薦めです。可愛いギフトショップあり。6 – 9月の火11:30pmと1:00pm、木、土、日1:00pmに無料ツアーあり。続きを読む>>

バラがお好きなら、ノース・ポートランドのペニンスラ・パーク&ローズガーデンPeninsula Park & Rose Garden内のバラ庭園には6,500株が、またサウスイーストの古い住宅街にあるにも3,000株のバラが咲く、ラッズ・サークル・パーク&ローズガーデンLadd’s Circle Park & Rose Gardensがあります。

ポートランド日本庭園

ワシントンパーク内の高台に位置するポートランド日本庭園Portland Japanese Gardenは、日本国外で最も本格的な日本庭園と言われ、その静寂と美しさは特筆に値します。園内には5つの異なる様式の庭園、木々に囲まれた小道の間にせせらぎが流れ、遠くマウント・フッドを望むこともできます。入場料にはガイド付ツアーが含まれています。注:初めての拡張工事のため2015年9/8 – ~2016年3/1は閉園。

トライオン・クリーク州立公園

ダウンタウンから南に車で15分、トライオン・クリーク州立公園Tryon Creek State Parkはポートランド市内唯一の州立公園で、森林の中にトレイルが整備されています。面積26ヘクタールの園内にはスチールヘッド・トラウトが棲み着いている清涼なトライオン・クリークが流れています。5.6kmの乗馬用トレイル、4.8kmの舗装された自転車用トレイルのほか、約13kmのハイキングトレイルがあり、その内、車椅子でアクセス可能なトリリアム・トレイルは0.5km。見晴台、ベンチが用意されています。ネイチャー・センターには各種インフォメーションとトイレあり。犬はリードが義務付けられています。

ワシントン・パーク

ダウンタウン西の丘陵にあるワシントン・パークWashington Parkはポートランド最古の、市民に最も親しまれてている公園。敷地内には、インターナショナル・ローズ・テスト・ガーデン International Rose Test Garden、日本庭園Japanese Garden、ホイト樹木園Hoyt Arboretum、オレゴン動物園Oregon Zoo、べトナム戦争戦没者慰霊碑Vietnam Veterans Memorial、ホロコースト記念碑Holocaust Memorial、ワールド・フォレストリー・センターWorld Forestry Center、ポートランド子ども博物館Portland Children’s Museumなどがあります。

続きを読む>>

イースト・サイド

イーストバンク・エスプラナード

2.4kmの歩行者・自転車用遊歩道、べラ・カッツ・イーストバンク・エスプラナードVera Katz Eastbank Esplanadeはウィラメット川東岸、スティール橋とホーソーン橋の間に位置します。366mの全米最長の浮き歩道やボート用桟橋があり、パブリックアートも配されています。川越しに眺めるダウンタウンの景色は圧巻。イーストバンク・エスプラナードは4つの橋からアクセスでき、全長4.8kmのループでサイクリングやジョギングが可能。車椅子でのアクセス可能。

クリスタル・スプリング・シャクナゲ庭園

クリスタル・スプリング・シャクナゲ庭園Crystal Springs Rhododendron Gardenは広大な敷地にシャクナゲやツツジ、広葉樹や針葉樹の充実した庭園。初夏にかけて咲きそろう色とりどりのシャクナゲの群生は他ではあまり見られない見事なもの。水辺に沿った庭園には多くの鳥が集まり、特に冬から春先にかけては渡り鳥の姿がたくさん見られます。車椅子アクセス可能。
年中無休 3 – 9月(第1月曜日まで)は有料。

ザ・グロット

都会のオアシスグロットThe Grottoは植物園であるとともに、カソリックの聖域として国際的にもその名を知られています。敷地内には高くそびえるモミの木の間を縫うように小道があり、そこここに100以上の彫像や祭壇が設えてあります。静寂に包まれた池、崖からの絶景、また受賞歴のある美しい建造物なども見逃せません。グループツアーやミサも行われています。

年中無休 下階の庭園・建造物の見学無料 上階の庭園へは有料エレベーターあり。

リーチ植物園

リーチ植物園Leach Botanical Gardenはアメリカ北西部の在来種をはじめ、カマズミやツバキなどの米南東部の植物を含む2,000種類の樹木を配した静かな植物園。園内には野生生物観察区域の他、インフォメーション・センター、トレイル、トイレが整備されています。一部車椅子アクセス可能、ペット禁止。

月曜閉園(他の曜日でも祝日によっては閉園)。

マウント・テイバー・パーク

マウント・テイバーは死火山であり、市内に死火山がある都市としては他にオレゴン州ベンドとミシシッピ州ジャクソンのみという珍しい低山です。マウント・テイバー・パークMt. Tabor Parkは1909年に創立、2004年米国国家歴史登録材に指定された公園。公園の中心は3つの貯水池。さまざまなトレイルもあります。高さ192メートルの噴石丘からはダウンタウンやマウント・フッドを眺めることができます。

オークスボトム野生生物保護区

ポートランド初の野生生物保護区であるオークスボトム野生生物保護区Oaks Bottom Wildlife Refugはウィラメット川の東岸セルウッド地区にある湿地帯で、バードウォッチングのメッカです。ここではポートランド市の鳥のオオアオサギGreat blue Heronを含むたくさんの種類の野鳥を見ることができます。

スプリングウォーター・コリドー

ポートランドが自転車都市であることを実感するのがスプリングウォーター・コリドーSpringwater Corridor。ここはかつての鉄道線路を自転車と歩行者のためのレクリエーション・トレイルとして甦らせたもの。ウィラメット川のイーストバンク・エスプラナードから続く形で、東のボアリング市まで34kmを結んでいます。最終的には、さらに東南のエスタケーダ市、そしてマウント・フッド国有林まで続く計画です。

×