ポートランドのクラフト・ディスティラリー

House Spirits Distillery, Portland Oregon.ハウス・スピリッツ・ディスティラリーの蒸留所内。

サウスイースト・ポートランドのスピリット・メーカー達のエネルギーで、クラフト・ディスティラリーの時代が到来。

K. Hayden

ポートランドの活気あるクラフトビールやウィラメット・バレーのワインの品質に刺激され、クラフト・ディスティラリー達も成功への道筋をたどり始めました。

セントラル・イーストサイドに広がる長さ約2キロ半メートルの地域は、蒸留所の集中するディスティラリー・ロウDistillery Rowとして知られ、蒸留所ツアーやテイスティング、販売を行っています。ディスティラリー・ロウ・パスポートDistillery Row Passportというガイドブックを購入すれば、無料テイスティングや印象をメモできる「テイスティングメモ」が付いているほか、レストラン、バー、ホテル等、50軒を超える加盟店割引が利用できます。

この街にとって、マイクロ・ディスティラリーは新しいものではありません。1985年創業、ノースウエスト地区のクリア・クリーク・ディスティラリーClear Creek Distilleryのような老舗もあります。ボトルの中でナシを育ててブランデー漬けにする「ペア・イン・ザ・ボトル・ブランデー」のようなお酒を造り続けています。一方、イーストサイド・ディスティラリーEastside Distillingは比較的新しい蒸留所ですが、受賞歴のある、スパイシーで力強い「バーンサイド・バーボン」が注目を集めています。ハウス・スピリッツHouse Spiritsはジュニパーやカルダモン、オレンジピールやさまざまな植物を使って絶妙な味わいをつくり上げる「アビエーション・ジン」が人気。テイスティング・ルームではスカンジナビアのアクアビットからスタンプタウン・コーヒー・リキュールまで幅広く試飲させてくれます。また、ニュー・ディール・ディスティラリーNew Deal Distilleryのスパイシーなホット・モンキー・ウオッカやジンジャー・リキュールなどは、あなたのカクテルに対する見方を変えるかもしれません。

季節のフルーツベースのリキュールで知られるストーン・バーン・ブランデーワークスStone Barn Brandyworksでは、果物の季節でない時には、ウィスキーやアップル・ブランデーをつかったOctober Dapple Appleなどを造っています。また、米をベースしたスピリッツを製造するビン・ディスティラリーVinn Distilleryの2種類の対照的なライス・ワイン、「ミジウ・ファイアー」と「ミジウ・アイス」もぜひお試しください。

ディスティラリーロウではスピリッツ以外のお酒も造られています。ブッシュワッカー・サイダーBushwhacker Ciderでは併設のパブで、グルテン・フリーのハードサイダーのテイスティングが楽しめます。

ハウス・スピリッツHouse Spiritsの共同創始者であり、著名な蒸留家、リー・メイドフが創立したノースウエスト地区のブル・ランディスティラリーBull Run Distilling Companyは原料を生かしたフレーバーを追求。800ガロンの蒸留器を2つ所有しており、オレゴン州最大規模。メイドフは自社のウィスキーを持ってオレゴン州全体の蒸留酒を有名にする夢を持っています。

×