朝食とブランチ

Brunch at Tasty n Sonsテイスティ・ン・サンズのブランチ

1日のスタートとなる食事を、ポートランダーはとても大切にしています。

ポートランダーはブランチが大好き。人気店は2時間待ちなどという場合もありますが、きちんと列を作って並び、辛抱強くテーブルを待ちます。これは話題のテレビ番組「ポートランディア」のネタにもなりました。そんなにしてまで待つ価値のある朝食・ブランチとは? ぜひポートランダーのお気に入りをお試しください。

マザーズ・ビストロ&バーMother’s Bistro & Bar: この居心地の良いダウンタウンのレストランは、昔のアメリカのママが作ってくれたような朝ご飯の店。コンフォート・フード(食べるとホッとする食事)がコンセプトで、シェフ兼オーナーのリサ・シュローダーが気軽にテーブルに立ち寄っては顧客と会話する姿がしばしば見かけられます。歯ごたえの良いフレンチトースト、自家製サーモン・ロックス等、定番をぜひお楽しみください。週末のブランチにはリッチなテイストのエッグ・ベネディクトはいかが? また、「Mother of the Month(この月のマザー)」メニューは、「おふくろの味」が月替わりで登場。こちらもお薦めです。

スクリーン・ドアScreen Door: イースト・バーンサイド通りEast Burnsideのこの店の行列を見たら、圧倒されるかもしれません。でも、ここの南部料理には期待を裏切られることはまずないでしょう。フライド・オイスター・エッグ・ベネディクトや、スイートポテトワッフルの上に山盛りのフライドチキンといったボリューム満点の一皿を友達とシェアするのもいいアイデア。軽いメニューが好みなら、伝統品種のトマトやピーチのような季節の野菜や果物を使ったスペシャルメニューにトライしてみては。

シンパティカ・ダイニング・ホールSimpatica Dining Hall: 毎週日曜の朝、このサウスイーストのレストランには大勢の人々がやって来て、1日をスタートします。コミューナル・テーブルという大きなテーブルに皆で着席するスタイル。頻繁に変わるメニューはローカル産の素材にこだわっており、羽のように軽いワッフルと地元産ベリー、セイボリークレープ、フライドチキンとビスケットなどが居心地の良いダイニングルームで供されます。キッチンに近い席に座って、オープンキッチンでシェフ達が注文を器用に捌いていく様子を眺めるのも乙なもの。

テイスティ・ン・サンズTasty n Sons: インダストリアル・シックなネイバーフッド・レストラン。多彩なメニューは国際色豊かで、たとえばビルマ風ポークシチュー、キムチとライス、イスラエル風シャクシューカ、正統派の朝食、もちろんフレンチトーストとブルーベリー・コンポートのようなクラシックなブランチメニューも人気です。一皿を分けられるファミリースタイルの店なので、シェフ、ジョン・ゴーハムの得意料理をいろいろ試すことができます。6種類もの特製ブラディ・メアリーが用意されており、ブランチをカクテルとともに楽しむこともできます。このレストランの兄弟店、ダウンタウンのテイスティ・ン・アルダーTasty n Alder では、韓国風フライドチキンのフライドエッグ乗せ、ポテト・ブラバスと半熟目玉焼きなど、より大胆な創作料理で食通を惹きつけています。

ザ・カントリー・キャットThe Country Cat: シェフのアダム・サッピングトンはポートランドの肉料理のパイオニア、 家庭的なブランチメニューが人気です。食材はローカル産のポーク、ラム、ビーフ、またファーマーズ・マーケットで厳選され、メニューは絶えず変わります。もちろん、定番料理のウースターシャー・グレービーのかかったチキン・フライド・ステーキと自家製ベーコンもお薦めです。

ティン・シェッド・ガーデン・カフェTin Shed Garden Café: 一見、掘っ建て小屋のようですが、この店はアルバータ・アート地区になくてはならない存在。ふわふわのビスケットにアップルウッド・スモークベーコンのグレービーをたっぷりかけた一品や、カリカリのポテトケーキに放し飼い鶏の卵、たっぷりの有機野菜など、とてもボリューム感のある料理を出しています。ガーデン席には屋外暖炉もあり、犬連れOKの楽しいレストランカフェです。

パイン・ステート・ビスケットPine State Biscuits: ノースカロライナ風のバターミルクビスケットとグレービーのファンを夢中にさせている店。ここの究極の一品はレジー・デラックスReggie Deluxeで、フライドチキン、チーズ、卵、ベーコンにソーセージ、またはマッシュルームのグレービーがたっぷりとかかったビスケットのサンドイッチです。 Alberta St.店のほか、ポートランド州立大学のファーマーズ・マーケット内のカート、Division Street店のほかにも、ノースイースト地区にはテイクアウト窓口もあります。

ブローダーBroder: サウスイーストのディビジョン・クリントン地区にある明るい小さなカフェ。鉄製スキレットで提供するスカンジナビア料理が楽しい店です。aebleskiversカリッと揚げたゴルフボールサイズのパフボールとリンゴンベリージャム)、またはbords(自家製スモークフィッシュ、サラミ、チーズ各種に、くるみパンと季節のフルーツヨーグルト添え)などはいかがですか?

ビジュー・カフェBijou Café: オレゴン・コースト産のオイスターを使ったハッシュは、ポートランド名物の一つ。ネターツ湾産のオイスターにコーンミール粉をまぶし、薄切りオニオンとポテトを一緒にソテーします。ダウンタウンに昔からあるこの店では、ブリオッシュのフレンチトーストや、ふわっとしたオムレツ、また産地直送のペルー産コーヒーも提供しています。

ビーストBeast: 豪華なブランチならノースイーストのビーストBeastへ。完全予約制の日曜ブランチは、ぜひ一度は訪れたいもの。シェフ、ナオミ・ポメロイの4コース料理を大テーブルで頂くスタイルはポートランドらしいシーンの一つです。メニューは週ごとに変わりますが、季節により、メープル漬けベーコンと桃のクレープやレモン・シフォンケーキとハックルベリーなどがデザートに。フレンチ・プレスで淹れたコーヒーもなかなか。

ザ・ヒースマン・レストランThe Heathman Restaurant: ゆったりと朝食やブランチの時間を楽しみたいとお考えでしたら、ザ・ヒースマン・レストランThe Heathman Restaurantをお薦めします。歴史あるヒースマン・ホテルの洗練されたダイニングルームは、長期にわたりポートランドの有力者達のパワー・ブレックファースの場所として知られていました。コーンビーフやスモークサーモン・ハッシュ、ダンジュネス蟹やチーズオムレツなど、賞賛されるメニューがいろいろあります。

ザ・オリジナル・パンケーキ・ハウスThe Original Pancake House: 全米に100軒以上あるチェーン店の最初の店、1953年にオープンしました。東京にも支店があります。パンケーキやワッフルといったシンプルな料理も手を抜かず、ふんわりと美味しく仕上げ、ホイップクリームや新鮮なフルーツを添えています。自慢の一品「ダッチ・ベビー」はグラニースミス(リンゴ)とシナモンのグレーズのかかった途方もなく大きなパンケーキ、一人では食べきれないほどのサイズです。

スラッピー・ケーキSlappy Cakes: この人気の朝食スポットは、ポートランドのDIY文化を取り入れて客が自分でパンケーキを焼ける店。各テーブルにはグリル用鉄板がはめ込まれており、パンケーキの種やトッピングを、ラベンダーハニー、チョコレートチップ等、いろいろなセレクションから選ぶことができます。楽しく家族連れにはぴったりのレストランです。唯一の欠点は、自分で焼くパンケーキ以外のメニューにもおいしいものが沢山ありすぎて、パンケーキを食べるお腹の余裕がなくなってしまうこと。

×