フードカート・ポッド

Alder Food Cart Podダウンタウンのアルダー・フードカート・ポッド。ランチタイムは行列ができる人気。

一度は立ち寄りたい、ポートランドで有名なフードカートを集めたポッド。

ポートランドには600軒以上のフードカートがあり、まだまだ増えています。その種類と味のバラエティが、グルメ雑誌やTV局のCNNなどのメディアからも絶賛されています。

移動式フード・トラックとは異なり、ポートランドのカートは「ポッド」と呼ばれる専用の場所に集まっているので、ポッドに立ち寄れば複数のカートから好きな食べ物を選ぶことができます。ポッド以外の個別カートもあり、たとえばパイオニア・コートハウス・スクエア周辺にもいくつかカートが出店しています。市内の主なポッドを紹介しましょう。

サウスウエスト・アルダー通り SW Alder ST.

ポートランド最大のポッドのひとつ、ダウンタウンのアルダー・ポッドAlder podフライング・スコッツマンFrying Scotsmanでは注文後に揚げる英国の伝統的フィッシュ・アンド・チップス、ホール・ボウルWhole Bowlではガーリックソースが美味しいベジボウル(野菜丼)を。セレクションが多くて迷う時は、以下のカートのように限られたメニューで人気定番のある店がお薦め。ノンズ・カオ・マン・ガイNong’s Khao Man Gaiのニンニク・ショウガ風味のチキンライスは、テレビのフードネットワークでも名声を得ています。また、ビン・ミー!Bing Mi!のジャンビン(中華風クレープ)は、今やポートランダーの定番ランチとなりました。このフードカート・ポッドはパウエルズ書店Powell’s Booksからもすぐ近くです。

フィフス・アベニュー 5th Avenue

MAXライトレール路線沿いのFifth Avenueポッドでは、コリアン・ツイストKorean Twistの韓国風タコスやアジア風ライスボウル、テイバー・チェコ・フードTábor Czech Foodのチェコ風カツサンド「オリジナル・シュニッチェルウィッチ」などが、ダウンタウンでのランチにぴったり。インドやタイのカートもあります。

サード・アベニュー 3rd Avenue

Third Avenueポッドにはビーガンやベジタリアンのバーガーやサンドイッチで知られるDCベジタリアンDC Vegetarianがお薦め。ここで買ったランチを持って、ウォーターフロント・パークで即席ピクニックも楽しいでしょう。

ポートランド州立大学 PSU

ダウンタウンの南端にあるPSU ポッドは大学キャンパス内の緑豊かなサウス・パーク・ブロックにあります。ポートランド・スープ・カンパニーPortland Soup Companyではアップルウッド・スモーク・トラウト・チャウダーや新鮮なモツァレラのサンドイッチを。また、ここにはノンズ・カオ・マン・ガイNong’s Khao Man Gai の2号店もあり、有名なカオ・マン・ガイ・チキンの他、ポークやベジタリアン料理も提供しています。

ミシシッピ・マーケット・プレイス Mississippi Marketplace

ヒップなストリートとして人気を集めるノース・ミシッシッピ・アベニューにはミシシッピ・マーケット・プレイスMississippi Marketplaceに10軒のカートが集まっています。ザ・ビッグ・エッグThe Big Eggでは地元農家の卵やカラメル状にまで炒めたオニオン、ルッコラをはさんだアーバー・ロッジ・サンドイッチが朝食に人気。ビーガンの方ならネイティブ・ボウルNative Bowlの新鮮な食材を使ったライスボウルはいかがでしょう。また、コイ・フュージョンKoi Fusionの韓国風タコス(月曜休業)も人気です。

このポッドはドイツパブ、プロストProstに隣接しており、飲み物をオーダーすればカートフードで買った食べ物を店内で食べることもできます。

カートピア Cartopia

深夜オープンしているカートピアCartopiaには、カリッと揚がったベルギー風フライドポテトやグレービーのかかったポテト「プ―ティン」が人気のポテト・チャンピオンPotato Championがあります。お酒を飲んだ後の締めにぴったりです。パイロ・ピザPyro Pizzaは薪オーブンのピザの店。深夜族に好評なのがペリエラ・クレーペリーPerierra Crêperieのクレープ。ヌテラとバナナ、アボカドとクリームチーズとターキー等、面白いコンビネーションが楽しめます。PBJグリルPBJ’s Grilledは、アメリカ食の定番、ピーナツバター&ジェリーサンドイッチの店。スモークしたゴートチーズのサンドイッチがお薦め。オリーブブレッドにアーモンドバター、アップルウッド・ベーコン、ゴートチーズ、アプリコットジャムという想像のできない組み合わせですが、これが案外いけます。

カートピアから道を挟んだところにあるサンドイッチショップ、ラルドLardoは、この街のカートの成功例のひとつ。カートから始まって、今では市内3カ所の実店舗で営業しています。リッチでボリュームのあるサンドイッチが自慢です。デザートには敷地内にあるカート、ハングリー・ハート・カップケーキHungry Heart Cupcakesのカップケーキをお試しください。

カート・ロウ Cart Row

セントラル・イーストサイドのこの小さなポッドには、巨大サンドイッチで知られるビッグ・アス・サンドイッチBig-Ass Sandwichesがあります。チバッタロールにターキー、ハムまたはビーフと、フライドポテト、さらにベシャメルソースが詰められています。バーガトロイドBurgatroydではカラブリアン・チリ・アイオリやチーズ、オニオン、トマトピクルスを挟んだガーデン・ステート・バーガーを。また、カートピアCartopiaで人気のポテト・チャンピオンPotato Championパイロ・ピザPyro Pizzaの2号店もあり、夏は週末にはビールも提供しています。

カートランディア Cartlandia

スプリングウォーター・コリドーの自転車トレイルからアクセスのいいカートランディアCartlandiaは、15カ国料理、30軒以上のカートのあるスーパーポッドで、何とロブスターを提供するカートが3軒あります。リッチなフライドチキンとワッフルのクープCoopや、話題のブードゥー・ドーナッツも。18種のビールやサイダーがタップで飲めるフルサービスバーのブルールームBlue Roomや、子どもや犬もOKな屋外ビヤガーデンも。

ティドビット・フード・ファーム・アンド・ガーデン Tidbid Food Farm and Garden

2014年にオープンしたSE Division St.にあるティドビッド・フード・ファーム・アンド・ガーデンTidbit Food Farm and Gardenにはラブ・ベリジアンLove BelizeanやナムNamuなど地元の人に人気のカートが集合。敷地内の菜園の作物を販売する野菜スタンドや、2階建てバスを利用した人気ブティック、ロデッカLodekkaなどもあり、他とはちょっと違ったユニークなフード・カート・ポッド。ビヤガーデン、焚き火、ライブ音楽も楽しめます。

×