ポートランド美術館

Portland Art Museumポートランド美術館の中庭にある彫刻庭園。

アメリカ先住民と米国北西部美術の素晴らしいコレクションをお楽しみください。

1892年創立のポートランド美術館Portland Art Museumは、オレゴン州最大、かつ全米最古の美術館のひとつです。最初の企画展示では中央図書館でギリシャ・ローマ時代の傑作を復元した石膏像を展示しました。この時の作品は今でも美術館内で見ることができ、美術館の始まり、さらに西洋美術の始まりを思い出させてくれます。

美術館構内

同美術館はサウス・パークブロックの文化地区の中心に位置する2棟の歴史的建築物で成り立ち、広範囲にわたる芸術作品を所蔵しています。1932年にピエトロ・ベルーシが設計した本館建物はジョージアン様式を優雅にアップデートした流線形の現代的なデザイン。2005年には北側のフリーメイソン寺院への拡張工事によって、さらに大きな展示スペースを得ています。

ベルーシのオリジナルの設計は時代に先駆けるもので、特に入口の向こう広がる展示場は自然光を取り入れた広々とした空間が特徴です。時を経て徐々に拡張工事が行われ、パシフィック・ノースウエスト・カレッジ・オブ・アートPacific Northwest College of Art(旧ミュージアム・アート・スクール)や一連の展示室も加わりました。また、別館の旧フリーメイソン寺院はジュービッツ・センター・オブ・モダン・アンド・コンテンポラリーとして改装されましたが、美しい装飾のある当時の舞踏室や会議室はそのまま残されています。

コレクション

ポートランド美術館は、版画、絵画、写真、アジア美術、アメリカ先住民(特に太平洋岸)の美術工芸、米国北西部の美術品を所蔵し、特に19世紀から 20世紀のヨーロッパとアメリカの作品には際立った作品がいくつか含まれます。多くの版画や絵画のコレクションは、ほとんどが故ゴードン・ギルキー氏によって収集されたもので、デューラーやレンブラントといった巨匠の版画をはじめ現代芸術の作品などもあります。主任キュレーターのブルース・グエンサーの下、当美術館の現代美術の所蔵品は飛躍的に増えました。2000年に、偉大なモダニストの批評家クレメント・グリーンバーグの所有した20世紀半ばのアート・コレクションが追加されたことが大きく貢献しています。

アメリカ先住民の工芸品

アメリカ先住民の工芸品は2つのコレクションによりなりたっています。米国北西部先住民によるマスクと捕鯨用カヌーを所蔵するラスマセン・コレクション・オブ・ノースウエスト・コーストRasmussen Collection of Northwest Coast 、そして米国南西部をはじめとする地域の先住民による幅広い工芸美術品を有するエリザベス・コール・コレクションがあります。

米国北西部の美術

この美術館の主要展示。19世紀以降のオレゴン、ワシントン両州の芸術の発展をたどるものです。例えばこの地の抽象芸術家の最高作品をニューヨークの有名芸術家の作品と並列展示したり、いくつものギャラリーに作品を分散展示するなど、キュレーターの手腕が光ります。また、米国北西部美術専門に指定されたギャラリーでは、この地で活躍してきた優秀なアーティスト、C.S. プライス、マーク・トビー、モリス・グレーブス、ヒルダとカール・モリス、サリー・ヘイリー、マイケル・ルッソーなどを紹介しています。

特別展示

キュレーターのグエンサーは一般的な大規模展示を手がけるとともに、2013年の自転車アート特別展などポートランドの個性を生かした特別展示も手がけています。

特別展示では以下のようなプログラムが予定されています。

 

月曜休館。17歳以下の子供無料。毎月第1木曜5 pm- 8pmは入場無料。年間を通じ、入場無料日や特別な家族プログラムを予定しています(イベントカレンダーをご覧ください)。

×