フォレストパーク

Forest Park hiking100 km 以上のハイキングトレイルがあるフォレストパーク

ポートランドには動植物やアウトドア愛好家に愛される都市の中の大自然があります。

フォレストパークForest Park(森林公園)の名の通り、ポートランドのダウンタウンからすぐのところに広がる大自然。市の北西部に位置し、長さ13km、面積2千ヘクタールにもなる公園は、都市の喧騒から離れてひと休みできる貴重な場所です。112種類の鳥類と62種の動物が棲息し、森の木々が空気浄化の役目をはたしてもいます。

全長113Kmに及ぶトレイルの数々は、ハイキングはもちろん、トレイルランニングや乗馬にも使われ、犬の散歩をしている人も見かけます。人気コースのワイルドウッドトレイルWildwood Trailは公園の全長をカバーし全長48kmにも渡ります。野生生物保護団体のオーデュボン協会の自然保護地域Audubon Society Sanctuaryピトック邸Pittock MansionワシントンパークWashington Parkを通り、ポートランドの広域ハイキングトレイル「40マイルループ・システム」の一部でもあります。同トレイルへはMAXのワシントンパーク駅から北西方向へ歩いてすぐ。環状コースの短距離トレイルもたくさんあり、手軽にハイキングができます。また、ノースウエスト/ノブヒル地区からもアクセスが便利です。NW Thurman Streetにある公園入口からアクセスできるLeif Erikson Driveは、森の木々を縫うように走るトレイルです。

なかでも最も人気のトレイルコースは、ローワーマクレイ・パークLower Macleay Parkからピトック邸Pittock Mansionの間の8kmの往復コース。NW Upshur Streetを西に進みNW 29th Ave過ぎたところの行き止まりが同公園の入口。公園内のローワーマクレイ・トレイルLower Macleay Trailからスタート。トレイルの脇にはクリークが流れ、鬱蒼とした森の崖沿いを通ります。

1キロ半ほどトレイルを登り、ワイルドウッド・トレイルと交差する地点にあるのが、苔に覆われた石造りの建物廃墟。1936年、世界恐慌時の公共事業促進局によって建てられた建物です。「ストーンハウス」または「魔女の城Witch’s Castle」などと呼ばれていますが、実は元は公共トイレだった建物です。クリーク沿いのトレイルをさらに先に進むとやがて急な上り坂になり、アッパーマクレイ・パークへと続きます。公園内にはピクニックテーブルや簡易トイレがあり、休憩にぴったりです。近くのオーデュボン協会Audubon Society of Portlandには入場無料の資料館とタカなどの野鳥類を保護する施設があるので、立ち寄ってみるのもよいでしょう。

ワイルドウッド・トレイルをさらに進み、NW Cornell Roadを渡るとゴールはもうすぐ。木々の茂ったくねくね道を800mほど登れば、丘の上にそびえるピトック邸Pittock Mansionが見えてきます。300mの高台に建つ築100年のこの邸宅は、19世紀の新聞王ヘンリー・ピトック氏が建てたもの。手入れの行き届いた庭園からは、数時間かけて歩いたご褒美のように、ダウンタウンの素晴らしい眺めが待っています。

×