セントラル・イーストサイドのショッピング

倉庫の立ち並ぶ地区に穴場的にショップが存在します。ここではアートとビジネスが巧みに融合しています。

0 min read

ギャラリーやショールームが増えてきているこの地区はファッションのハブとしてダウンタウンに匹敵する存在となってきています。

ファッション Fashion finds

セントラル・イーストサイドは、ポートランドの流行の中心としてダウンタウンのライバルになり始めています。ヒップでミニマリスト的な空間、マーカスMachusはこだわりのセレクトによるメンズ・ブティック。Saturdays NYCからNaked & Famousまで、高級デザイナーズ・ブランドを扱っています。近くのウナ Unaはスリフト・ストアの達人、オーナーのジョヴァナ・パロラリが集めるエキゾチックな装飾品、インディー・ブランドの服、ローカルのインテリア用品を扱っています。その先にはレディース・ランジェリーのライル・ブティック Lille Boutiqueがあります。モールで見かけるチェーン店のランジェリー・ショップとはまったく異なり、行き届いたスタッフが絞り込んだ商品を薦めてくれます。ストックは限られていますが、洗練されたセレクションが揃っています。

811ビルディング 811 Building

ヒップなジュピター・ホテルJupiter Hotel、ダグファー・ラウンジDoug Fir Loungeと別館Jupiter NEXTから通りを渡ったところにあるのが、むきだしの鉄骨梁とウィンドー・ディスプレイが特徴的な811イースト・バーンサイド・ビルディング。数少ないひと味違うユニークなショップが揃っています。小さなお店セブン・シスターズSeven Sistersは、自然で着心地よく、また倫理的な製造プロセスにこだわりある独立系デザイナーによるアパレルを販売しています。また、小さなブティック・スタジオのハウントHauntは、ブライダル・デザインで知られるオーナーのHolly Stalderによる芸術的で印象に残るファッションを創造しています。ここのジュエリーやドレス、ニットウエアは花嫁や招待客に人気で、ポートランドでのウェディングによく登場します。エクソブルーノxobrunoではハンドメイドで一点もののレザーバッグが手に入ります。