ポートランドのブルワリー

0 min read

1980年代初めより、この街のブルワリーは果敢にチャレンジを重ね、近郊のウィラメット・バレー産のホップや大麦、ブル・ラン分水嶺の水といった良質な素材を活かしてクラフトビールの世界を切り拓いて来ました。ひしめき合うビールパブと、毎日のように開催されるビールイベント。「ビアバーナ(ビール天国)」というニックネームも納得できます。

クラフトビールのパイオニア達

ポートランドの現在のビールシーンは、1984年にブリッジポート・ブルーイングBridgePort Brewing(閉鎖)とウィドマー・ブラザーズ・ブルーイングWidmer Brothers Brewingがパール地区にオープンした時から始まりました。両者とも1860年代にヘンリー・ワインハード醸造所Henry Weinhard’sが設立された所から程近い立地でした。1990年にウィドマーはノース・ポートランドに移りましたが、こちらもMAXイエローラインでアクセスできる便利なロケーションです。

1985年には、マクメナミンズMcMenaminsがサウスイーストにオレゴン初のブルーパブを開きました。その最初の店ヒルズデール・ブルワリーHillsdale Breweryは今でも地元で親しまれています。現在、マクメナミンズは米国北西部に50軒以上の店舗を持っており、歴史的建物をリノベーションしたちょっと風変わりで面白いパブの雰囲気でもよく知られています。

ポートランドに進出したブルワリー

90年代からは州内の有名ブルワリーが次々にポートランドに出店しました。1989年創業のオレゴン・コーストのニューポート市に本拠を置くローグ・ブルーイングは2店舗、Rogue Distillery & Public HouseRogue Hallを展開。

セントラルオレゴンの町ベンドの2社のブルワリーもポートランド支店をオープン。1988年創業のデシューツ・ブルーイングDeschutes Breweryは2008年にパール地区に出店、また、2015年にはデシューツの近くに急成長の10バレル・ブルーイング10 Barrel Brewingがオープンしています。

第二の波

ポートランドのクラフトビール業界では、新興でもやる気のあるブルワリーは歓迎されます。1990年代にはいくつもの参入者が現れ、ビールシーンを活気づけました。1994年創業のラッキー・ラブラドール・ブルーイング・カンパニーLucky Labrador Brewing Companyはクリーミーでコクのあるブラック・ラブ・スタウトをはじめとするビールを作り、4店舗を開くまでに成長しました。いずれもドッグ・フレンドリーなお店です。

90年代創業のヘア・オブ・ザ・ドッグHair of the DogはAdamやFred等、アルコール度の高いボトル熟成ビールの生産を始め、熱狂的なファンを獲得しました。2010年にはセントラル・イーストサイドに、ファン達が待ち望んでいたテイスティング・ルームを設けました。少量生産のフレッシュなビールとともに、チーズプレートやチリなどのパブフードを提供しています。

2001年オープンのローレルウッド・ブルーイングLaurelwood Brewingはポートランド国際空港内に2店舗、ノースイーストに家族連れで楽しめるブルーパブがあります。

近年では、2008年創業のホップワークスHopworksが、オーガニック・ビールの幅広いセレクションで大きな称賛を得ています。この「エコ・ブルーパブ」は醸造所やパブ内を100%再生エネルギーで賄っています。おいしいピザがラガービールとよく合います。

2010年オープンのカスケード・ブルーイング・バレル・ハウスCascade Brewing Barrel Houseはビール熟成庫兼パブ。特色ある独自のサワービールによって瞬く間に名声を博しました。毎週火曜日の午後6時に新しい樽を開栓します。広々したパティオは夏の夕方を過ごすのに最適です。

新顔のブルワリー

最近でもポートランドには次々に新しいブルワリーが登場。各ブルワリーは、より特殊なスタイルや技術を追求していますが、単に風変わりなのではなくビールに賭ける情熱とその成果はそれぞれが賞に値すると言える素晴らしいものです。

3支店があるブレイクサイド・ブルワリーBreakside Breweryは、Breakside IPAをはじめとする美味しいクラフトビールの造り手です。このIPAは2014年Great American Beer Festivalのアメリカン・スタイルIPAで金メダルを獲得しました。他のビールもとてもクリエイティブで、たとえば2013年の創業3周年記念ビールのDuck Duck Drunkは、地元産の鴨肉100ポンドをチョコレート・スタウトで漬け込んで仕上げたビールです。

グルテン・フリー・ビールに特化して、受賞歴もあるグラウンド・ブレイカー・ブルーイングGround Breaker Brewing。ウィラメット・バレー産の栗を焙煎して麦の代わりに使用したIPAやダーク・エール、コーヒーやカボチャなどの地元産の素材を使用したエールビールを、ぜひ試してみてください。グルテン・フリーの食べ物をだすグルメ・パブ、グラウンド・ブレイカー・ガストロパブが併設されています。

ノースイーストで地元の人に愛されているマイグレーション・ブルーイングMigration Brewingでは、Centennial、Simcoe、Crystal、Cluster dry等のシトラスの香り高いホップのブレンドによるLupulin IPAが楽しめます。

ジャイガンティック・ブルーイングGigantic BrewingはポートランドのベストIPAを目指しています。既存のルールを無視し、ベテラン・ブルワーの手腕を生かして、地元産の極上ホップを使った独創的なビールを生み出しています。たとえば、ペールエールのCatch 23ではワシントン州ヤキマのロイ・ファームの実験的なホップのうち527番ホップを生かした味になっています。

エクリプティク・ブルーイングEcliptic Brewingは比較的新しいブルワリーですが、創立者は超ベテラン。マクメナミンやデシューツ、フルセールといった有名ブルワリーを経てきた伝説的ブルワー、ジョン・ハリスです。彼はデシューツのMirror Pond Pale Aleという傑出したレシピを生み出した人でもあります。エプリクティクとは天の黄道のことですが、ハリスは天文学に興味があり、このブルワリーでは星がテーマのビールが提供されます。たとえば、ピルスナービールのSpica(乙女座の最も明るい星の名前)、Orbiter(軌道衛星)IPAなど。天文カレンダーに即して変わる料理メニューとのペアリングも考えられています。

ノース・ポートランドのランドマーク、セント・ジョンズ橋。そのたもとにあるオクシデンタル・ブルーイングOccidental Brewingは、ヨーロッパスタイルのビールに特化したブルワリー。テイスティング・ルームに立ち寄って、おいしいaltbierやkolschを味わってください。

フランスとベルギーのファームハウス・スタイル・ビールのコンセプトを受け継いだアップライト・ブルーイング Upright Brewingは、ポートランドのクラフトビール・シーンの隠れた宝石的存在。一見そっけない地下のテイスティング・ルームですが、味わい豊かなビールを味わえる場所。パシフィック・ノースウエスト産の材料を最大限に生かして少量生産の限定ビールをつくっています。

ベアリック・ブルーイングBaerlic Brewingではレギュラービール、季節限定、そして一回限りの単発レシピのビールが合わせて10種類。クリームエールやスタウトのような正統派ヨーロッパスタイルのビールとともに、主力ビールのIPAはたくさんのローカル・ホップを使用して、彼らのモットーである「身近で親しいビール」を表現しています。

ヴォンエバート・ブルーイングVon Ebert Brewingは2018年の創業とともに、ポートランド市民の心をつかみました。革新的なビール造りとおいしい料理、そして屋根付きパティオが人気です。リトルビーストLittle Beastは2017年に郊外のビーバートンで誕生。すぐに人気がでて、翌年にはポートランド市内のビジョン・ストリートに支店を開店しました。創業者は「人生と仕事のパートナー」カップルの Charles Porter とBrenda Crow。さわやかな風味ながら複雑なフレーバーを持つミックス発酵ビールを専門としています。

どのビールにするか?


これほどたくさんの選択肢があると、選ぶことが難しくなるのが当たり前。クラシックなクラフトビールから迫るか、革新的な今までにないビールを作っているところに行くか。一つの解決法は、これら全てがそろっているタップルームに行って、全て試してみることです。

エイペックスApexは常時50種類以上のオレゴン産のタップビールをそろえていて、ビール初心者から上級者までが楽しめるタップルームです。デジタルのメニューには常にその時のタップリストと新メニューや各ビールの特徴が表示され、自分の好みに合いそうなビールを見逃すことはありません。

ロイヤル・リージョンLoyal Legionにはオレゴンのブルワリーからのビールが99種類もそろっています。オレゴン州各地のビールをサンプルするのもよし、ポートランドのブルワリーだけにこだわってみるのもよし。エレガントな内装のこのバーでは、カクテルや手ごろなおつまみもそろい、ビール好きでなくてもゆっくりと時を過ごすことができることうけあいです。