スケーターによるスケーターのためのジン

ポートランドのスケートパークとショップ・ガイド

0 min read

ポートランドは全米でも屈指の「スケート・フレンドリー」な街。このジンはポートランドのジン・アーティストがスケートボード・カルチャーを紹介しています。

デジタル版ジンを読む

このジンに登場する主なパークとショップ

スケートパークSKATE PARKS

エドベネディクト・パーク Ed Benedict Park

サウスイースト地区にあるこの公園には子供の遊び場、アートスペース、球技場とスケートパークをそろえています。スケートパークは743平米の広さに、レッジ、ステアー、レイル、バンクを備え、その多くがリサイクルされた素材やサステナブルな素材を使って作られています。また、雨水処理や在来植物を使ったランドスケープなど、初めての環境にやさしいスケートパークとして知られています。
503.823.7529
Website

スケートチャーチ Skatechurch

ノースイースト地区にある非営利団体が運営するインドア・スケートパーク。595平米の広さで、ミニランプ、ファイブ・ステアー、スモールヒップ、ウォールライド、クウォーターパイプ、ハンドレイル等を備えています。入場は無料ですが、このパークのミッションは「スケートボーダーにキリストの教えを広めること」であるため、セッションの途中で聖書の話を聞くことが義務となっています。
503.206.8764
Website

コモンウェルズ・インドアスケートパーク Commonwealth Indoor Skate Park

人気のストリートSEホーソン通りを入ったところにあるインドアパーク。元は石材工場だった建物を使用し、パーク、ショップとギャラリースペースが入っています。入場は7ドル。トレーニングキャンプやイベントも開催し、クリエイティブなボードやアパレルを買い求めることもできます。
503.208.2080
Website

ゲイブリエル・パーク Gabriel Park

87エーカーの広さの公園内にはクリークが流れ、森の木々の間をトレイルが走っています。バスケットボール・コートや野球場の他にドッグパークとスケートパークも完備。スケートパークの広さは3048平米。ウォールライド、パンプバンプ、トラニ―トレンチなど完備。
503.823.7529
Website

バーンサイド・スケートパーク Burnside Skatepark

バーンサイド橋東側のたもとの下にあるバーンサイド・スケートパークは伝説的存在のパーク。市の許可無しにボーダー達が作ったパークで、建設した後から市に公認を受けました。ボーダーのコミュニティの独立精神を象徴するパークであり、最も熟練したスケーター達が腕を披露する場でもあります

ピアパーク Pier Park

ノース・ポートランドのセントジョンズ地区にあるピアパークには広大な敷地に遊具やピクニックエリア、サッカー場などを備えています。スケートパークは1021平米もの広さを誇り、直径6メートルのフルパイプもあります。
503.823.7529
Website

スケートショップ SKATE SHOPS

カルズ・ファーマシー Cal’s Pharmacy

イーストバーンサンド・ストリートの角にあるスケートショップは地元のスケートボーダーに長く支持されてきています。新品のボードやシューズ、スウェットシャツなどのアパレルも扱います。
503.233.1237
Website

シュランケンヘッド・スケートボード Shrunken Head Skateboards

サウスイースト地区にあるショップ。アーティストデザインのボードの他にも、ユニークなビーニーキャップやシャツ。フーディ―などを取り揃えます。
503.232.4323
Website

カル・スケートボード Cal Skate Skateboards

オレゴン州で最大で最も歴史のあるスケートボードショップ。1976年から地元のボーダー達に愛されています。300以上のデッキやロングボード、クルーザーやプロモデルを集めています。
503.248.0495
Website