はずせないフードカート

ブランチもディナーも、グルメを満足させる多種多様なフードカートがあります。

0 min read

ポートランドは「食の街」。フードカートの数は600軒以上もあり、何を食べるかが悩ましい程。一日の食事をすべてカートですることもできてしまいます。はずせないフードカートのいくつかをご紹介しましょう。

朝食

ホーソン通りSE Hawthorn Blvd.のライド・エッグ・アイム・イン・ラブFried Egg I’m In Loveは朝食メニューが一日中楽しめるカート。「ヨーク・オノYoke Ono」、スパイシーな「スリラチャ・ミックス・ア・ロットSriracha Mix-A-Lot」、ベジタリアンの「バック・イン・ブラック・ビーンズBack in Black Beans」等々、音楽用語をもじった名前のユニークな料理を提供しています。

ランチ

Alberta St.にスクールバスを改装したフード・カートを出しているグリルド・チーズ・グリルGrilled Cheese Grillでは、オレゴン名産のティラムーク・チェダーチーズを詰めた「プリ・スクーラー(未就学児の意)」、砕いたブルーチーズ、ベーコン、リンゴをマーブルライ麦パンではさんだ「BABS」などのサンドイッチがお薦めです。

パイロ・ピザPyro Pizzaは煉瓦オーブンを設置しているピザカート。カートピアCartopiaのポッドで営業しています。薪窯で焼いたマルゲリータやプッタネスカなど、本格的な美味しさです。

ディナー

ディナーはポートランド南東部フォスター・パウエル地区にある中南米の料理専門のフードカートポッド「ポートランド・メルカド Portland Mercado」へ行ってみましょう。カラフルなフードカートがずらりと並んでいます。Que Bacanoでコロンビア料理を堪能したら、メキシコやキューバ、アルゼンチン、エルサルバドルの料理もすぐ隣にあります。

ディナーで味わえるのは、ビーガンのモレソース、ポゾレ、チーズたっぷりのププサ(エルサルバドル料理)、メキシコのオアハカ名物ティラユダなどなど。アメリカ風ではない、本格的な中南米料理が味わえるのがポートランド・メルカドです。

おやつ

ちょっとお腹が空いた時にはフレーバー・スポットFlavour Spotのワッフル・サンドイッチを。ハムとゴーダチーズ、ソーセージとメープルシロップ、ヌテラやラズベリージャムなどを挟んだ甘辛両方のメニューがあります。中身が詰まっているのでナプキンをたくさん貰うこと!