ディビジョン/クリントンのダイニング

ディビジョン・ストリートはポートランドの活発なフードシーンの中心地です。

0 min read

この街の最もホットなレストラン通り、SEディビジョン・ストリートなら、1週間食べ歩きをしても足りないくらいのお店がそろっています。以下のような、3度の食事プラスおやつのプランに挑戦してみましょう。

朝食 Breakfast

いつもと違う朝食をしたければ、このネイバーフッドはより取りみどりです。まずはクリントン・ストリートの近くの陽当たりのいい小さなカフェ、ブローダーBroderへ。鉄製スキレットで供されるスクランブルエッグやスカンジナビア料理が楽しめます。エイブルスキーバーæbleskivers(カリッと焼いたゴルフボールサイズのパンケーキ・ボールとリンゴンベリージャム)や、ボーズbords(自家製スモークフィッシュ、サラミ、チーズ各種に、くるみパンと季節のフルーツヨーグルト添え)などはいかがですか。

ランチLunch

昼食には人気ベーカリーリトル・ティー・アメリカンベーカーLittle T American Bakerはいかがでしょうか。マスター・ブレッドメーカーのティム・ヘアレアは長年に渡っておいしいパンを作り出しています。「七種の穀物のキャロットロールのツナサラダのせ」は口の中で風味が広がり、糖蜜コーンミールのアナダマ何もつけずにそれだけで味わっても十分な美味しさです。The Lot at Scout Beerはフードカート・ポッド。ここには多種多様なフードカートがあり、 ビールを楽しみながら、 食い道楽も満足できるカジュアルな食事ができます。

ディナーDinner

ローマ料理をベースにパシフィック・ノースウエスト的にアレンジしたアバ・ジーンズAva Gene’sの料理は、食の批評家や食通から大きな評価を得ています。

ヌエストラ・コシーナNuestra Cocinaは長く近所の人に愛されてきた店。本格的なアルボンディガス(チポトレソースとともに供されるミートボール)など伝統的メキシカンに新しさを加えた料理や、「これぞ!」というマルガリータが楽しめます。チコXicoはアップスケールなメキシカン・レストランです。素材の新鮮さを生かし、メキシコの地方料理に創作を加えた調理方法で、従来のメキシコ料理店のイメージから一歩抜き出たお店です。

おやつ Snacks

イタリアンのフードカート、アルティジャーノArtigianoの料理は充分ディナーに値するレベルですが、ハッピーアワーの小皿料理と自家製カラメルソースのダークチョコレート・トルテは、小休止に立ち寄るのにぴったりの一品です。

ローレッタ・ジーンズLauretta Jean’sではバターいっぱいのクリスピーなクラスト層が重なるパイが勢ぞろい。ルバーブ・シュトローゼルにするか、チョコレート・クリーム・パイか、はてはアップル・パイにするか?店頭では迷いに迷う客をしばしば見かけます。どれをとってもおいしいのは保証付き。

ソルト&ストロー Salt & Strawでも同じジレンマに直面します。定番のキャラメル・リボンの入ったシーソルト・フレーバーと、バースデーケーキ・ブラックベリーなどの期間限定フレーバーの間で心が揺れ動きます。ベストの戦略は?ダブル・スクープでオーダーしてしまうことです。