セントラル・イーストサイドのダイニング

Clarklewisクラークルイスで食事を楽しむ。

夜遅くにお客の集まるBiwaでは、焼きおにぎりや豚バラ、韓国風牛のタルタルなどの居酒屋料理が人気です。

斬新なストリート・フードや新しい食を作りだすレストランが集まるポートランドで最も多彩な食のシーンを体験しましょう。

かつては倉庫や製造業が中心だったこのネイバーフッドは、近年、ポートランドのアートやデザインシーンの震源地に様変わりしました。スタジオやギャラリースペースが生まれるかたわら、活気に満ちたフードシーンが料理芸術の境界を押し広げています。

ポートランドの料理 PORTLAND PLATES

この界隈でおそらく一番知られているのが、ル・ピジョンLe Pigeonでしょう。パリ風マッシュルーム・カルパッチョ、スパゲティと豚耳が添えられたホタテの燻製など、フレンチベースにローカルのアレンジを加えた料理が特徴。客は大きなテーブルに隣り合わせに座り、ジェイムズ・ベアード受賞シェフ、ガブリエル・ラッカーが作り出す絶えず替わるメニューを堪能します。

数ブロック南にあるシンパティカ・ダイニングホールSimpatica Dining Hallは週末のみオープン、4品フルコース・ディナーは予約が必要。地元産の食材と直営の肉屋からの上質な肉が楽しめます。行列ができる日曜ブランチには、自家製ベーコンや新鮮なブルーベリー・シロップのかかったチェリーパンケーキなど、季節の人気メニューがあります。週に1日だけなので、お早めにお出掛けください。

この界隈の先駆者的レストランの一つ、クラークルイスclarklewisは、光の入る明るい元倉庫の立地を最大限に活用しています。地元産チャードやクリームド・コーン、オイスターマッシュルームを添えたオークグリルのリブアイ・ステーキなど、薪で焼くご馳走を供しています。

インターナショナルな料理International cuisine

夜遅くにお客の集まるビワBiwaでは、焼きおにぎりや豚バラ、韓国風牛のタルタルなどの居酒屋料理が人気です。日本の居酒屋のメニューは、ディナーとしてもおつまみとしても、幅広いセレクションの日本酒や焼酎、カクテルととてもよく合います。

カチカKachkaは、ビーフ・タン、ボルシチ・ブリンツなど伝統的なロシア料理のお店。ホースラディッシュやカモミールなどで香り付けした独自のウォッカと相性ばつぐん。

ラテンアメリカ屋台料理が楽しめるカラフルなテオテTeote。豚バラや揚げプランティンをバターを効かせた生地(グルテンフリー)ではさんだアレパスをお試しください。ファイヤーピットを設えた広いパティオ、フルバーを完備しています。

フライドチキンやオイスターに作りたての麺、そして豚骨スープ。創造的なラーメンを作り出すボケ・ボウル Boke Bowlは熱烈な支持者を得ています。韓国風揚げ豆腐や揚げナスなどベジタリアンにも対応しており、ミソ・バタースコッチのトゥインキー(スポンジケーキ)など、人気デザートの一品もあります。

風味豊かなラーメンと言えばノラネコNoranekoもお薦め。自家製麺を使い、焼き味噌、豚バラチャーシュー、コーンバターなどのトッピングが選べます。ここのハッピーアワー(4—6時)はポークギョーザを一皿1ドルで日本のチューハイとともに楽しめます。

味わい深い料理Big on flavor

オリンピア・プロビジョンズOlympia Provisionsの壁には大きく「MEAT」とネオンサインが掲げられていますが、ここでおいしいのはお肉だけではありません。パンチェッタやチョリソー、厚切りのBLTサンドイッチをおつまみにカクテルもいいですが、自家製マリネード・オリーブや野菜のピクルス、フライドアーモンドなども、とてもよく合います。厚切りのチーズボードは絶対にお薦め、外せません。

ル・ビストロ・モンタージュLe Bistro Montageは、ポートランダーにもビジターにも定番のお気に入り。一口サイズのワニ肉のやカエルの足のフライ、ハッシュパピー、ガンボ等、スパイシーなケイジャン料理は本格的米国南部の味。また、創作的なマック・アンド・チーズはどなたにもお薦めです。レストランのスタッフもメニューと同じくらい個性的。持ち帰り用に料理をアルミホイルで動物の形など色々な形で包んでくれます。

同様に忘れてはいけないのが、セントラル・イーストサイドのフードカート。ここには街で最も人気の高いカートのいくつかがあります。カートピア Cartopiaは長く営業しているポッドで、夜遅くまでオープン。ポテト・チャンピオンズPotato Champion’sのプティン(フライドポテトにグレービーとカードチーズをかけたもの)や、パイロ・ピザPyro Pizzaの窯焼きピザには、深夜3時までスナック好きの人達が集まります。また、ホーソン通りを挟んだところにあるサンドイッチ・ショップ、ラルドLardoはカートからレストランに成長した成功例。ここではポークをたっぷり挟んだサンドイッチとローカルのクラフトビールが楽しめます。

×