ベジタリアン・ダイニング

Natural Selectionフレッシュな野菜料理。

ローカルの新鮮な野菜が手に入るから、ポートランドにはベジタリアン・メニューが豊富なのです。

ポートランドのほとんどのレストランには地元素材を使ったベジタリアン・メニューがあります。ポートランドではベジタリアンメニューは決して付け足しではありません。お薦めのレストランをご紹介しましょう。

ベジタリアン・レストラン

アルバータ・アート地区で朝からオープンしているレストラン、ビタ・カフェVita Caféでビスケットとアーモンド・グレービーの朝食はいかが?

ポートランドではフードカートもベジタリアンに対応しており、ほとんどのカートで少なくとも1品はベジタリアン・オプションがあります。ホール・ボウルThe Whole Bowlではガーリックソースをかけたライスとビーンズのボウルが人気です。

野菜の好きな人なら、ポートランド・ファーマーズ・マーケットPortland Farmers Marketに行ってみるといいでしょう。アスパラガスからズッキーニまであらゆる種類の旬の野菜が、どれも採れ立ての新鮮な状態で売られています。また、野菜だけでなく、ベーカリーや、チーズやタマレ、パイなどの加工食品を売るお店も勢ぞろいしています。

ビーガンのオプション

ノースイーストの住宅地アーヴィントン地区のブルーミング・ロータスBlossoming Lotusではジャマイカン・ジャーク・テンペ、パッタイ、季節野菜と豆腐リコッタチーズのラザーニャなど、国際色豊かなボリュームのある料理を出してくれます。

自家製のセイタンのサンドイッチやビーガン焼き菓子が人気なのは、サウスイーストのスイートピー・ベイキング・カンパニーSweetpea Baking Company。ダウンタウンのペチュニアズ・パイ&ペイストリーズPetunia’s Pies & Pastriesでは、ビーガンやグルテンフリーのメニューとともにビールやワイン、カクテルも提供しています。パパ・G’sビーガン・オーガニック・デリPapa G’s Vegan Organic Deliには、ランチやディナー向けのサラダやサンドイッチ、ローフードのスペシャルメニューがあり、パティオで食事を楽しむことができます。テイクアウトにも対応。

パール地区でヨガ・スタジオに隣接するプラサドPrasadは体と心にやさしいビーガン食の店。ライスボウルやキヌアボウルはもちろん、「バジルとかぼちゃの種のペストソースとカシューナッツを使ったべビーガン・リコッタチーズであえたズッキーニ・ヌードル」といった独創的なメニューも提供しています。ビーガンとグルテンフリーに対応。

NE Alberta St.にあるビーガン・バー、ザ・バイ・アンド・バイThe Bye and Byeでは「バーベキュー豆腐、インゲンと黒目豆添え」などのヘルシーメニューや、コーンチップにベジタリアン・チリとビーガン・サワークリームをかけた「チリ・パイ」などボリューム満点の料理を夜中まで出しています。姉妹店のSE Belmont St.にあるスイート・ヒアアフターSweet Hereafterもビーガン・バー。ここにはファイヤーピットのある居心地のいいパティオが設えられています。

(updated Jan. 24, 2019)

×