ポートランドのお気に入り料理

Pok Pok有名なアイクス・ウィングを出すポクポク

この街を象徴するようなポートランドらしい一品、ぜひ味わってみてください。

ル・ピジョン・バーガー

ジェームス・ビアード賞受賞シェフ、ガブリエル・ラッカーが経営するイーストサイドのフレンチ・ビストロ、ル・ピジョンLe Pigeonで人気のこのバーガー。当初は一日5個限定メニューでした。このビストロをハンバーガー屋にしたくなかったからです(今では数に制限なく出しています)。それ程人気のあるバーガーは、ケンズ・アルチザン・ベーカリーのロールに、熟成ホワイトチーズ、レタスとピクルスオニオンが挟まれ、ナイフを突き立たてたスタイルでサービスされます。また、ダウンタウンにある姉妹店、リトル・バードLittle Birdでも終日同じバーガーを提供しています。

ベーコン・メープル・バー

過去10年間、ブードゥー・ドーナッツVoodoo Doughnutは24時間年中無休で奇想天外なドーナッツを提供してきました。トッピングは本当にさまざまで、一度など風邪シロップのトッピングまでありましたが、さすがにこれは保健機関からすぐに禁止命令が出されました。中でもベーコン・メープル・バーはユニークかつ意外な美味しさで、この店の看板ドーナッツとして大人気を呼んでいます。テレビのグルメ旅番組のホスト、アンソニー・ボーデインからも「クセになる罪深い味」として大きな賛同を得ました。また、クラフトビール・ブルワリーのRogueにインスピレーションを与え、同ブルワリーからはベーコン・メープル・バー味のエールビールが出ています。

アイクス・ウィング

ポクポクPok Pokのフィッシュソース・チキンウィングは、ポートランド外でも大成功した料理です。この街で評判となった後、シェフのアンディ・リッカーはニューヨーク支店をオープン、この本格的な東南アジアの味をニューヨークに持ち込みました。2012年にはニューヨークマガジンで「ベスト・ウィング」と激賞されました。ポートランドでは、姉妹店のウィスキー・ソーダ・ラウンジWhiskey Soda Loungeポクポク・ノイPok Pok Noiでも食べることができます。

ザ・レジー・デラックス

ファーマーズ・マーケットの出店からスタートし、一大「ビスケット帝国」ともいえる地元ミニチェーンを築いたのがパイン・ステート・ビスケッツPine State Biscuits。その発展を遂げる要因となった料理です。ノースカロライナ・スタイルの大きなバター・ビスケットに独創的なフィリングのサンドイッチが大きな評判を得ました。バターミルク・フライド・チキン、フライド・エッグ、チェダーチーズ、ベーコン、ソーセージ・グレービーが、まるで塔のように積み重なったサンドイッチです。エスカイヤア誌に「二日酔いに効く」と評されたこのサンドイッチは、Albert St.の1号店、またはSE Division St.の2号店で。長蛇の列であっても、待って食べる価値はあります。毎週土曜のPSUのポートランド・ファーマーズ・マーケット、ロイド地区のお持ち帰り窓口でもテイクアウトで購入できます。

フォアグラ・ボンボン

完全予約制のレストラン、ビーストBeastのナオミ・ポメロイがつくるディナーでは、同じメニューは2度と登場しませんが、フォアグラ・ボンボンだけは贅沢な定番となっています。このダチョウのレバーを使った逸品はシャルキュトリー・プレートとして、チキンレバー・ムース、ウズラ卵のトースト、タルタルステーキ、ポークとピスタチオのパテ等と一緒に盛り合わされています。なかでも、ソーテルヌ(仏デザートワイン)・ゼリーの上に載せられて供されるこのフォアグラ・ボンボンは他の一品から抜き出て印象に残る一品です。

カオ・マン・ガイ

ポートランドで一番人気のフード・カートのメニューはこの一品だけ。タイのストリート・フードでもあるカオ・マン・ガイ。シンプルなのに独特な美味しさを持った料理です。ジューシーな茹でチキンとライスに、濃厚なガーリック、ジンジャー、タイ・チリと醤油のミックスソースをかけて紙にくるみ、チキン・スープと一緒に供されます。オーナーのノン・ポーンスクワッタナよるこの料理は大当たりとなり、今ではノンズ・カオ・マン・ガイKong’s Khao Man Gaiは3店あります。テイクアウト窓口のあるイーストサイドのレストランほか、ポートランドに2つのカートがあります。また、瓶詰めのオリジナル・ソースはお土産としても人気です。

×