ポートランドのコーヒー

Stumptownサード・アベニューのスタンプタウン・コーヒー・ロースターのカフェラテ。

上質な素材と丁寧なハンドクラフト、ローカルのコーヒーへの情熱は高まる一方です。

スターバックスが全米に広まる以前から、ポートランドでは、独立系ロースターや小さなカフェが世界中から取り寄せたコーヒー豆を使って、おいしいエスプレッソやカフェラテを出し、ローカルのコーヒー文化を築いてきました。マグ一杯のコーヒーには、この街の豊かなコーヒー・ヒストリーが含まれているのです。

ジム&パティーズ・コーヒーJim & Patty’s Coffeeでは、スパイシーなハバネロ・モカやピーナッツ・バター・ファッジ・モカ等、独創的なコーヒー・ドリンクをオーナー自らが作り、古くからのファンの根強い支持を得ています。ジムとパティーは1983年から1998年まで存在した地元チェーン「コーヒー・ピープルCoffee People」の元オーナー。現在、コーヒー・ピープルは別の経営下で、ポートランド空港内に出店しています。

そしてコーヒー・ピープルの松明を受け継いだのが、あのスタンプタウン・コーヒー・ロースターズStumptown Coffee Roasters。オーナーのデュアン・ソレンソンがSEディビジョン・ストリートにコーヒーハウスをオープン。コーヒー豆の独自の調達ルートを開発、焙煎、販売しはじめ、ポートランドのコーヒー文化を大躍進させました。現在、5店舗を持ち、他のコーヒー店にも豆を卸しています。コーヒー豆産地の農家の生活を支える買取値段を設定し、トレーサビリティとフェアトレードを徹底しています。もちろんコーヒーの味は保証つき。ケメックスChemexを使ってハンドドリップで一杯ずつ入れるコーヒーや、エスプレッソ、ボトル入りの水出しコーヒー「コールドブルー」など、いずれの商品でも、コスタリカ、エチオピア、インドネシアなど産地別の豆の特徴を引き出しています。家庭で楽しめるよう豆の量り売りもしています。

2005年にスタートして以来、リストレット・ロースターズRistretto Roastersはミディアムローストした豆を使い、スムーズなエスプレッソやラテを出しています。ノースウエストとミシシッピ・アベニューに2支店あり。コアバ・コーヒー・ロースターズCoava Coffee Roastersは2008年、オーナーのマイケル・ヒギンズの自宅ガレージが始まり。今ではサウスイーストの自社焙煎所に隣接するコーヒーバーで、さまざまなコーヒーをテイスティングできるコーヒーセットも提供しています。2009年オープンのハート・ロースターズHeart Roastersではアエロプレスという器機を使って、正確なタイミングと分量で1杯ずつ理想的なコーヒーを仕上げています。イーストサイドの本店ではアエロプレスの使い方を見ることができます。

これらのロースターに直接行けなかったとしても、彼らのコーヒーは街中のコーヒーハウスで飲むことができます。 バリスタBaristaはポートランドの人間観察にぴったりのカフェ。パール地区、アルバータ・ストリート、ダウンタウンの3店舗があり、さまざまなロースターの豆で巧みに淹れたエスプレッソを提供しています。ケース・スタディ・コーヒーCase Study Coffeeはエスプレッソのケータリング会社として始まりました。今ではダウンタウンとイースト・バーンサイドの2カ所で、少量ずつ焙煎したコーヒー豆と自家製シロップを使った価値ある一杯を味わえます。

×