ポートランドでスケートボード

Burnside Skate Parkバーンサイド・スケートパーク

ポートランドはスケボーの街でもあります。

スケートボードと聞いて、何となく眉を潜める方はいませんか? ポートランドではスケボーも立派な移動手段の一つ。この街では偏見に陥ることなくスケートボードを受け入れ、自転車と同様の権利や、さまざまな種類の屋内外スケートパークを造りました(公的出資もあり)。ダウンタウンにはスケートボードの指定ルートもあります。

もし、あなた自身がボーダーなら地元の伝説的ショップカル・スケート・スケートボードCal Skate Skateboardsやコモンウエルス・スケートボーディングCommonwealth Skateboardingは必見。コモンウェルスでは、購入した道具をすぐに併設の屋内スケートパークで試すことができます。

屋外パークはたくさんあるので、ぜひ地元の公園の1つに立ち寄ってみてください。特に最も有名なバーンサイド・スケートパークBurnside Skateparkは見逃せません。25年前、バーンサイド橋の下に無許可で造られたこのパークは、後に市の許可を得て、今では全米で最も難易度の高いコースのひとつであり、また、コミュニティを大切にするポートランドのスケートボード文化を象徴する存在となっています。プロスケーターであるトニー・ホークがつくったビデオゲームの舞台になったことから、知名度が一層高まりました。

ポートランドの通りにボードで繰り出す前に、以下のスケートボーダーの規則と法規を必ずお読みください。

×